自分に合った融資元を選ぼう

融資を受けなければならなくなった時、ほとんどの人は「銀行」「信販会社(クレジットカードによるキャッシング)」「消費者金融」のいずれかを利用することになるでしょう。
融資元の違いによって融資条件なども変わってきますから、自分に合った融資元を選ぶことで返済計画を楽にすることができます。
条件的に一番良いのは銀行のキャッシングです。
信販会社や消費者金融よりも貸付金利が低く設定されているため、返済する利息も少なくて済みます。
また、借入限度額も500万円や800万円と高額なので、まとまったお金が必要な場合にはまず銀行に融資の申込をするようにしましょう。
ただし、銀行の貸出金利が低かったり、限度額が大きいのは、借り手を限定しているからです。
銀行は信販会社や消費者金融よりも融資の際の審査基準が厳しいため、ある程度の信用力がないと融資が受けられません。
といっても、一般企業に勤めるサラリーマンであれば問題なく融資を受けることができますが、すでに複数の業者から借り入れがある場合には借りるのが難しいかもしれまえん。
信販会社からの借り入れは利便性に富んでいることが特徴です。
信販会社による融資はクレジットカードのキャッシング枠に応じて貸し出されるため、キャッシング枠の設定されたクレジットカードを所持していれば、すぐにお金を借りることができます。
銀行や消費者金融のように融資を受けるためだけに審査を受ける必要がないというのはとても便利でしょう。
消費者金融は銀行や信販会社に比べて審査が甘めのため、多くの人が利用できます。
正社員でなくても、アルバイトやパートでもお金を借りることができますし、主婦でも借りることができます。
申し込み方法や返済方法も多様ですし、金利が日割り計算のため、短期間で返済できるならば利息を安く抑えることが可能です。
ただし、審査が甘めの分、他の金融機関と比べると金利は高めに設定されていますし、利用限度額も低く抑えられてしまいます。
このように、それぞれの金融機関にはそれぞれの特徴があるので、自分の条件にあった融資元を選ぶようにしましょう。