いくら借りているかチェックを忘れずに

世の中には、消費者金融にあまりよいイメージを持っていない人も多いと思います。
その理由としては、法外な金利でお金を貸しけて、返済ができないと過酷な取り立てを行うヤミ金の存在が大きいでしょう。
そういったイメージを払しょくするために政府は2010年に改正貸金業法を施行しました。
これにより、消費者金融の業界には様々な規制が行われるようになり、業界に健全化に大きく貢献しました。
貸金業法の改正によって変わったことの一つが「グレーゾーン金利の撤廃」です。
本来、貸金業者の貸出金利は利息制限法によって最大年利20%までに制限されていました。
しかし、消費者金融は利息制限法ではなく出資法に基づいて貸し出しを行っていたため、出資法の定める最大年利29.2%に近い金利での貸し出しが一般的になっていました。
この20%を超える金利をグレーゾーン金利といいます。
このグレーゾーン金利は貸金業法の改正によって完全に撤廃されることになりました。
つまり、20%を超える金利での貸し付けは例外なく違法行為ということになります。
もし、20%を超える金利で融資を受けたときは過払い請求をすることで払い過ぎた利息を取り戻すことができます。
過払い請求は改正貸金業法の施行以前に遡って請求できるので、長年にわたって返済を続けている人は専門家に相談してみると良いでしょう。
もう一つ、改正貸金業法の施行で変わったことが「総量規制の制定」です。
これは個人の借り入れ限度額を年収の3分の1までに制限するという規則です。
これにより、どんなに年収が多くても、すでに年収の3分の1の借入がある人は、新たに借入をすることができなくなりました。
ただし、これには抜け穴もあります。
まず、総量規制の対象となるのは個人向けキャッシングに限定されるため、事業用資金という名目での借り入れならば個人でも制限以上の借り入れが可能になります。
また、銀行からの融資も総量規制の対象とはならないので、すでに年収の3分の1の借り入れがったとしても、銀行の住宅ローンや教育ローンなどを利用することはできます。