私の賢い利用法

Author: admin  |  Category: 上手な使い方

以前、きちんとした会社には勤めず、アルバイトとして生活をたてている時に、どうしてもお金が必要な時がありました。
その時に消費者金融の窓口に行き、20万円を借りることが出来ず、非常に辛い目に遭いました。
そのことが有ってから、二度と消費者金融の門は叩くまいと思っていました。
大学を卒業して、大手の一部上場の会社の社員になることが出来ました。
運が良かったのだと思います。
まあきちんと給料が払われるし、社会的な信用も高いです。
ある時、どうしても30万円が必要なことになり、段取りする手立てがなくて、駄目もとで消費者金融の門をくぐってみました。
30分ほどの審査と、個人情報の書き込みを完了したら、現金30万円を用意してくれました。
びっくりしました。
私という人間はかわらないのに、会社の信用があると、私の信用も上がるのだなあと思いました。
それ以来、会社の信用を使って、少額を借りることが何回かありました。
全て、返金完了日までに完済しました。
必ず、返せる金額だけを借りるようにしていました。
そうすると、4回目からは、消費者金融の方から、金利の減額の申し出がありました。
消費者金融サイドとすると、貸し金法改正以降、返済不能になるかもしれない大金を借りてくれる人より、確実に返せる人を複数の方が、今の時代は大切なのです。
私自身は、経験したことはありませんが、毎回借りたお金をきちんと返すということを続けていると、金利も下げてくれることがあるし、何らかの理由で支払いが1ケ月遅れたりする場合でも、金利のみ支払いで対応したりしてくれることが有るそうです。