銀行と消費者金融の違い

お金が必要で融資を依頼するときは、銀行や消費者金融を利用するという人が多いと思います。
ところで、銀行でお金を借りるのと、消費者金融でお金を借りるのとでは、どのような違いがあるのでしょうか。
銀行でお金を借りるのと、消費者金融でお金を借りるのとでは、必要とされる信用力に違いがあります。
銀行のほうが融資の際の審査基準が厳しいため、お金を借りるためにはより高い信用力が必要になります。
信用力の高さの判断材料にはいくつかありますが、たとえば、安定的な職業に就いている人ほど信用力が高いと判断されます。
ですから、収入が多くても自営業者の場合は評価が低くなることがある一方で、公務員は離職率が低いため安定しているとみなされて評価が高くなります。
その他にも、自宅が持ち家かどうかといったことも信用力に影響します。
持ち家があるということは一定の収入があるということの裏付けになりますし、急な引越しや夜逃げをすることが考えづらいので、貸し手側も安心してお金を融資することができるというわけですまた、現在の借り入れ状態も非常に重要な判断材料になります。
すでに複数の業者から借り入れを行っている人は、新たに融資を申し込んでも断られてしまうことがあります。
多重債務者は金融機関からすると非常にリスクが高いと判断されるので、融資を申し込む際には前もって債務を一本化しておくと良いでしょう。
これに対して消費者金融は審査基準が甘めで、より多くの人がお金を借りることができるようなシステムとなっています。
ただし、借り手の信用力が比較的低くなるため、銀行よりも貸出条件が厳しくなります。
貸出金利も銀行に比べて消費者金融の方が数%高くなりますし、貸出上限額も消費者金融のほうが低く抑えられてしまいます。
もちろん、消費者金融を利用するメリットもあります。
まず、消費者金融の利息は銀行と違って日割り計算となるため、一日でも早く返済すればそれだけ返済額を少なく抑えることができます。
また、申し込みや返済方法も多様なので、ライフスタイルに合わせた方法を選ぶことができます。