消費者金融はブラックでも借りられるか

消費者金融で融資を受ける際には審査が行われます。
この審査では借り手に安定した収入があるかどうかといったことを審査するのと同時に、過去に借り入れやクレジットカードの返済で遅延がないかといった信用情報も併せてチェックされます。
そして審査の結果、信用度に応じて融資の可否や利用限度額の設定が行われることになります。
しかし、過去に信用情報に何らかの問題がありブラックリストに掲載されていれば、融資を受けることができなくなります。
ちなみに、ブラックリストという独立したリストは存在しません。
ブラックリストとは信用情報機関が所有しているリストに事故情報が記載されている状態のことを言います。
金融機関でお金を借りたり、クレジットカードを使って買い物した情報は信用情報機関のリストにすべて掲載されています。
その中で、返済の滞納があったりすると事故情報としてリストに掲載されるわけです。
一度ブラックリストに掲載されてしまうと、数年間は金融機関でお金を借りることができなくなってしまったり、クレジットカードで買い物ができなくなってしまったりします。
住宅を購入しようと思っても住宅ローンを利用することもできなくなってしまいますから、人生設計にも大きな支障が出ることになります。
ブラックリストに掲載されないように無理な借り入れや返済能力を超えるような買い物をするのは避けましょう。
さて、すでにブラックリスト入りしている人の中には、お金を借りることができずに困っている人もいるでしょう。
そんな時、チラシやダイレクトメールの「ブラックでも貸します」といった宣伝文句につられてお金を借りる人もいるかもしれません。
しかし、それはとても危険です。
普通の消費者金融がブラックリスト入りしている人にお金を貸すことはありません。
ブラックでもお金を貸しますという業者は間違いなくヤミ金などの悪徳業者です。
こういった業者を利用してしまえば法外に高い金利を要求されて、あっという間に身ぐるみを剥がされてしまいます。
絶対に利用しないようにしましょう。